カワサキ ゼファー(zephyr)買取査定

真冬の山へのツーリング

あの道を思い出すと「もうムリ」と思えるツーリング。

 

真冬の事でした。仲間が就職でバラバラになる前に、
「もう一度 1泊2日のツーリングに行こう」となった時。

 

無茶でしたね。
真冬の山へのツーリング。
服は充分防寒対応で、まあ元々、バイク用のジャンパーは
防寒仕様だから体は寒くなかったんです。
峠に行くまでは・・・

 

峠の麓にちらほら雪がみえる。
「峠大丈夫かいな?」
と話した後、5台のバイクは1列になって峠へ。
峠の頂上にある平地でキャンプ、これが計画だったんです。

 

無謀でした。

 

くねくね曲がった、夏なら楽しい筈の峠の
ワンディング道路。
ちょっと上り坂だけど、飛ばすと楽しい・・・夏なら!ね。

 

安全走行していて、視界から仲間が消え一人になった時、
心が心細さで寒くなった・・・

 

今は冬、あるひとつのコーナーが総て雪で覆われていた!
深さ20cmぐらいか。
5台のバイクがコーナー横で茫然としていると、排気音が聞こえてきた。

 

後ろから来た4WD。
登りのコーナーの前でいったん停止、それから発進したけど
タイヤが滑って登らない。
勢いをつけてやっと通り過ぎていく。

 

おれ等はバイク、
仲間と茫然と見続けていたコーナー。

 

意を決し滑りながら、仲間に押して貰いながら、
4WDが勢い付けて登っていったコーナーをやっと抜けた。

 

それを5回。

 

いやー疲れた。

 

冬にツーリングはするもんじゃない、
山道・雪道・上り坂は。

 

最悪でしたが、今なら笑える思い出になっています。